ローラーヘッドユニット

従来型カレンダーシステムよりも優れた特性をもつローラーヘッドユニット。

ローラーヘッドユニットは、1層或いは2層の押出機、ダイヘッド、竪型2本カレンダー機、ヘッドクランプ装置によって構成されます。
広幅ヘッドとカレンダー機がゴムコンパウンドを気泡のない均一厚(0.5mm から 20mm 又はそれ以上)のシートに仕上げます。
当社のローラーヘッドは他社の従来型カレンダーシステムに較べ優れた特性をもっており、 インナーライナー、ゴムシート、Ⅴベルト、およびその他ゴム製品の生産に最適です。

ローラーヘッドユニット | 製品ラインナップ

自動スリーブ交換式ローラーヘッドユニット

スリーブ交換式ローラーヘッドユニットは、プロファイル付きのインナーライナー生産に使用され、乗用車、トラック、バス用タイヤに利用されます。カレンダー本体に付属するロールにプロファイルスリーブが組込まれており、自動システムにより、組込み、予熱、プロファイルスリーブ交換が3分以内に行える生産性、安全性に優れた装置です。自動押出圧力制御システムがあり、プロファイルインナーライナー或いは、プロファイルシートを精度良く(0.5mmから20mm)生産できます。この装置はトラック、バス、乗用車用の気泡のないプロファイル付きインナーライナー生産に最適です。

用途、ニーズに応じた様々な交換機構

当社のスリーブ交換式ローラーヘッドユニットは、お客様がご使用される運転環境に応じ、自動交換式と手動交換式の提案が可能です。自動交換の場合は、予熱炉からのスリーブ出し入れからスリーブ交換までを全自動で行うことができ、生産性、安全性ともに非常に優れた装置です。また、手動交換式は専用のC型ハンガーを使用し、容易にスリーブを脱着することが可能です。

自動スリーブ交換装置
手動スリーブ交換装置
手動スリーブ交換機械部

2層ローラーヘッドユニット

2層ローラーヘッドユニットは、2台の押出機、ダイヘッド、および竪型2本ロールカレンダーにより構成されます。ヘッド内でゴムコンパウンドは全幅にわたって均一に分配され、所定の厚さでカレンダーニップに供給されます。制御フィードバックシステムが押出スクリューの回転数やカレンダー速度を可変することにより、気泡のない極薄から極厚(0.5mmから20mm或いはそれ以上)の広幅(最大2,300m迄)の高品質ゴムシートを生産できます。

ローラーヘッドユニット | 仕 様

押出機&ローラーヘッド主要スペック

この表は左右にスクロールできます
押出機サイズ L/D モータ容量
kw
シートヘッド開口 カレンダーロール 製品シート
幅(mm)
高さ(mm) ロール径(mm) 面長(mm) 幅(mm) 厚み(mm)
300 6 200 1850 30 <600> <2000> 1450 1.5〜9
250 18 450 2300 28 700 2500 2200 1〜15
200 18 300 1300 28 500 1500 1200 0.5〜4
150 16 200 1050 28 400 1300 270〜 0.5〜5
120 16 110 700 10 500 1500 1250 0.1〜1.0
90 16 45 600 22 310 900 500 1.5〜5
75 14 30 550 8 400 700 550 0.2〜2.0
60 10 18.5 185 5 200 250 100 0.5
45 10 7.5 95 3 120 150 100 0.3〜2
30 10 4.4 30 3 80 48 40 0.5

ミニローラーヘッドユニット

この装置は、小さな薄いタイヤ部品の高速プロファイル生産に適しておりますし、小型である為にタイヤ成形機に直結もできます。又、タイヤ以外の小さく薄いゲージのシート生産にも用いることができます。

他の製品を見る